teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:

 投稿者:hilocoa  投稿日:2013年 9月17日(火)01時46分52秒
  情報ありがとうございます。
http://plaza.rakuten.co.jp/hilocoa/

http://plaza.rakuten.co.jp/hilocoa/

 
 

最新ボール情報

 投稿者:開発者  投稿日:2013年 2月 7日(木)19時50分22秒
  皆さんこんにちわ!!
最新のボール情報を書き込みます、まずは 先日東京・名古屋・大阪の3箇所で未来型ボール・シンク
の発表会を開催して約200名の方々に参加頂きました、この発表会では多くのドリラーに集まってもらいましたのでボールの説明だけでなくドリルについてやボールの軸移動を説明して、何故 非対称ボールが優れているのかも解説、その内容では非常に興味深い事や普段ドリラーが感じていた疑問点を解説しました、ここではその内からホンノ一部になりますが解説をしたいと思います。
普段 何の木無しに測定していたアクシスポイントはボールが手から離れてピンに近くなるにつれて移動するのはボールに付いてくるローリングトラック(フレアー幅)から大体の軸移動する方向性はお分かりになっていると思います、しかし 同一人物が投球して場合でもピンプレスメント(ドリル後のピン位置)により移動方向が変わります、フィンガーの上にピンが有る場合はスタート地点からピンに向かい軸は移動しますがフィンガーの下に有る場合は軸は親指側に移動します、スタート位置は変わりませんがピンに当たる最終位置は変動します、これは今までなんと無く理解していた部分でした、影響している物の答えは⊿RGがポイントです、また 非対称ボールにはマスバイアス表示がボールに書いてありますがドリル前の位置とドリル後のマスバイアス位置も変動します、実際 既にドリル後のボールでも影響を与える事は出来ますので勇気を振るってもう一つの穴を開けるのも手段ですね
更に ⊿RGは中玉の比重や形状により数値だけでなく移動方向を変えるのです、一昔前はRG2.52 ⊿RG 0.055なんて書いて有る場合は高重心なんだと理解していましたがこれは数値のマジックなだけで上記により変動する方向が変わり高重心のパフォーマンスはしない事になります、現在storm社が凄いのがこの比重をコントロールする技術がボールに生かされていて他のメーカーの影響の全く無いマスバイアス仕様の中玉や非対称品との違いはかなり開きがあるのです、これにより多くのボウラータイプに適合し易く作られているのは本当に素晴らしい進化だと言えます、試しに何年か前のボールを投げて下さい昔はレーン手前は滑って前進してオイルが薄くなるに連れて表面の仕上げ番手だけで転がり始めていましたのでせっかくポケットに運べてもピンアクションは蛋白でしたが、stormの考えには滑る?は無く転がりながら前進して行くのでコントロール性を失う急激な摩擦を生む事なく曲がり始めてピンに当たるので非常に強いアクションが得られるのです、この世界レベルの発想には強いボールを投げる人だけでなく弱いボールしか投げれない方でも多くのストライクを出して欲しい根底があるからなのです!!!!
 

ジャパンカップ裏模様その2

 投稿者:開発者  投稿日:2012年12月 6日(木)19時40分4秒
  今回なんと持ち込んだのが28個のボール(ドリルしていない物)、参加された選手はボール控え室の入り口付近をSTORMの箱が占領していたのでお分かりだと思います
ここでPBAから学んだ事とノームの一言! 日本人はハイパフォーマンス製品しか持ち込んでいない方が多くバサークやフランティックの使用が少ないのが目立ちます、こう言ったボールも多く使用してレーンアジャストして欲しい!!!との弁でした、学んだ事は 高回転の方でもドリルピッチがフォワード気味の方が多いのとピンプレスメント距離が近い事、少々不思議な感じでした
 

ジャパンカップ裏模様

 投稿者:開発者  投稿日:2012年12月 6日(木)19時33分9秒
  皆さん お久しぶりの登場です!!^o^

今回はROUND1 JAPAN CUPに出場した STORM社契約 PBA10名の世話役をした記事を書きます、今回の来日選手で一番人気だったのが 両手投げ初来日オスク・パレルマでした、元祖両手投げ ジェイソン・ベルモンテも人気が高いのですがそれを上回ってましたねOKツァードリラーは皆さん御存知のデル・バラードjrで、私が何人かのドリルを行いました、その一部分の紹介をします。
まず、元祖両手投げ ジェイソンのレイアウトです、ボールは彼のアクシスから殆どのボールが5インチから5インチ半の距離で フィンガーピッチはリバースが何と!1インチでサイド1/2ピッチ、フリンジとマニックとディファイアント・ブームがメインボールでトータルバサークとフランティック・プロとで投げ分けていました、オスクは はやりアクシスから5インチ前後のピンプレスメントでフィンガー3/4リバースのサイド1/2 バサークとディスターベッド(1月発売品)がメインで使用、決勝ではデファイアント・ソウル(12月発売)を使っていました、その他 ライアンシェーファーは殆どフランティック・プロ使用(ピンがAPより4インチ)メインはクロス・ロードで投球、ピートはメインボールがデファイアント・ブーム(ピンがAPより4インチ1/2でピンダウンとピンアップの2個)でサブにトータリー・バサーク、ノームはメインがアウトロー(ROTO)使用でクロスロードをサブに使用、ドムバレットはメインがヴァーチャルXRA使用でサブにトータリーバサークとフランティックプロ使用、スチュワートはディファイアントエッジ使用とバサーク
ウェスマロットはメインがデファイアントソウル(12月発売)とクロスロード使用、ライノページはフランティックプロとクロスロードがメインで使用、モナチェリは?御免なさい見てないしドリルもしていないので不明´Д`とにかく 何個ドリルしたか分かりません(次回は頼むからアメリカでドリルして来てTдT) 優勝こそはミカでしたが予選や準決勝では圧倒的に目立っていたのがSTORMでしたねチョキ また 殆どの方のピンプレスメントでは41/2インチから51/2までの距離で設定していたのは印象的でしたね、同じボールでPSAの距離を変えて何個かドリルしました、とにかく疲れた一週間でしたね・・・・・・・・・・

pさphttp://

 

第46回BPAJ全国ボウリング競技大会北海道大会

 投稿者:中央ボウル  投稿日:2012年 8月25日(土)15時08分6秒
  12-06-01-03 第46回BPAJ全国ボウリング競技大会北海道大会
写真を以下のURLにUP致しました。大変重いのですが、全部見たいとの要望が多く載せてもらう事に成りました。皆さんご自由にご笑覧ください。容量の関係で9月一杯の期限を付けさせて頂きます。ゴメンナサイ

http://www.geocities.jp/bpahokkaido/main.html

http://www.geocities.jp/bpahokkaido/main.html

 

ヴァーチャル・プレミアXG

 投稿者:中央ボウル  投稿日:2012年 5月 5日(土)20時53分31秒
  センターの在庫が15p03oz1個だけに成りました。
ご希望の方は、お早めにご決断下さい。中村
 

中村プロの写真に手のマーク・・・

 投稿者:  投稿日:2012年 4月29日(日)14時57分58秒
  プロの声が・・・今だけ限定らしいです。  

ナノ発売から1年が経ち又新たなコア発売!

 投稿者:中央ボウル  投稿日:2012年 4月21日(土)19時24分49秒
  アメリカの2大ボウリング誌の人気投票で、他社製品を圧倒し1位に輝いたあのバーチャルグラビティー・ナノを超える製品、「ビビッド」登場!最強NRGカバーにRG値が高い新開発MADコアを搭載。バーチャルグラビティー・ナノよりも対応幅が広く、ナノ・パールよりもバックエンドが鋭い「ビビッド #4000ポリッシュ」が新たに発売に成りました。何処のセンターも春になりメンテマシーンのオイルの出が良くなる季節、是非アイテムにお加え下さい。中村  

近況情報

 投稿者:開発者  投稿日:2011年 3月 8日(火)19時00分8秒
  みなさんお久振りですね!
いよいよヴァーチャルグラビティー・ナノが発売されます、ここでチョット小耳に挟んだ情報を皆さんに披露します
ナノ粒子と言うのは皆さんも御存知の様に、本来大きな粒状の物がナノレベルまで粉砕されると呼ばれる呼び名ですが、他の物(洗剤・他)も元素も場合から素材が変った様に変化が有ります、過去ボウリングで使った物でボールがありますが、確かにベース素材との相性も良く国内産では一番売れている製品には思いますが、STORMが作った場合との大きな違いは従来のパーティクル粒子を粉砕しただけではなく、まったく新しい素材を粉砕して非常に凹凸が多くなり素材ベースにも混入率を高くさせていますので、消耗度が少なく長寿命の面でも向上しています、国産ではこれは無視して性能を優先させたので寿命が極端に短かったのです、これは私達コア設計者からすると革命的開発なのですよ
さらに、これ程摩擦係数が高い製品をシェープロックコアに採用したのも非常にミソで、比重が高いコアですので直線的に転がるのでコントロール性能も高いのです、これは既にUSマスターズでも実証済みで、45フィートフラットコンディションで優勝のヘスは予選からナノ一つで済んだ見たいです、また 他の面で注目度が高いのが 不調であった選手(例えばクリス・ウォーレン)がナノ使用でトップ20位までに殆ど入った事ですね
科学的な分析でも間違いなくA・・の製品より優れていますし、投げた感想でも 過去弊社契約プロから共通して“ピン飛びが凄い”と言う意見があります
これからも色々なコアで試しては行きますが、今回の製品は本当に世界的な注目度は高いですね、更に 私達の非常に喜ばしい事がもう一つ!ストーム工場が更にグレードアップして数億円を投資して過去出来なかった事も可能になりました!素晴らしい事ですね
他の工場は10年も15年も前の釜や設備を使っているので不可能は可能にはなりませんから、どんどん差が開きますね・・・・・


今後も楽しみな感じです、私は今年も渡米して皆さんに生の声を報告します
 

ヴァーチャル・ナノ!すご・・・

 投稿者:中央ボウル  投稿日:2011年 2月15日(火)17時11分27秒
  石原プロもナノでパーフェクト!
楽しみな作品が登場!
まずは、見てから!!!

http://www.youtube.com/user/teamhispvideo?gl=JP&hl=ja#p/u/6/cvOlei19ldg

 

レンタル掲示板
/12